データセット

J-OFURO3データセットについての公式情報をお届けします


J-OFURO3データセットをダウンロードして使用する場合の手順です。

はじめに

J-OFURO3の数値データセットは本サイトよりインターネットを介して配布されます。
研究目的での利用については自由にダウンロードをしてご利用いただけます。
商業利用やその他の目的での利用をお考えの場合には、こちらのページよりお問い合わせください。

ファイル名とフォーマット

配布されるJ-OFURO3のデータファイルは変数名 (VAR), 時間解像度(TR), 空間解像度(SR), データセットのバージョン(VER), そして年(YYYY)毎に分けられています。データファイルは次のような決まりで名前がつけられています。

J-OFURO3_VAR_VER_TR_SR_YYYY.nc

VAR: 変数名
VER: バージョンコード(ex. Vm.n)
TR: 時間解像度(DAILY / MONTHLY/ CLM)
SR: 空間格子サイズ(HR: 0.25度格子 or LR: 1度格子)
YYYY: 年(西暦, 4桁)

データファイルのフォーマットは自己記述形式のnetCDFです。
ファイルの拡張子は”.nc”です。
GrADSやFerretといった解析ソフトウェアでの読み込みが可能です。

データの更新とバージョン

不具合の修正などの理由で、不定期にデータセットの内容が更新されることがあります。
全ての提供ファイルには、バージョンコード (VER, version code)が付され、それらの提供ファイルのバリエーションが管理されます。

本サイトでは、常に最新のバージョンのデータが配布され、
古いバージョンのファイルは特別な理由が無い限り配布されません。

ご利用の場合には、データセットのバージョンにご留意ください。

ファイルサイズ

DAILY, HRの場合: 約1.5GB/年(圧縮時: 750MB/年)

ダウンロード

データのダウンロードのためにftpサーバが用意されています。

以下のボタンよりアクセスください。

* macOS: Safariをご利用の場合、ユーザの種類はゲストをご選択ください

ftpサーバへは、コマンドラインやその他のクライアントアプリケーションを用いてアクセスいただくことも可能です。

DOWNLOAD (FTP)

データセットの引用

J-OFURO3のデータセットを利用して研究を行い、その成果の公表を行う場合には、Tomita et al. 2018を引用ください。

An introduction to J-OFURO3, a third-generation Japanese ocean flux data set using remote-sensing observations
Authors: Hiroyuki Tomita, Tsutomu Hihara, Shin’ichiro Kako, Masahisa Kubota, Kunio Kutsuwada
Journal: Journal of Oceanography (2019) 75:171-194
DOI: https://doi.org/10.1007/s10872-018-0493-x

また、査読付き論文雑誌で成果を発表された場合には、次のE-mail宛にその旨をご連絡いただく様にお願い致します。ご連絡いただきました論文の掲載情報は本ウェブサイトに掲載したいと思います。

問い合わせ/連絡先

J-OFURO3データセットを利用されている方、もしくは利用を検討されている方で、データについての問い合わせは、
こちらのフォームより遠慮なくご連絡ください。

データセットを利用していて気付かれた不具合や問題点、ご意見などもありましたらお知らせいただけたら幸いです。
頂いた情報やご意見は今後のデータセットのバージョンアップに利用させていただきます。