タグ検索:overview

J-OFURO3は、人工衛星観測に基づく大気海洋間の海面フラックスとそれに関連する物理パラメータのデータセットです。J-OFUROとしては、第三世代目にあたるデータセットで、これまでのバージョンと比べて様々な点が改善されています。各種の物理量の推定に複数の衛星観測データを利用している点が大きな特徴であり、これにより、海氷域を除くほぼ全ての海洋上における海面フラックスと、関連する海面水温や海上風, 海上大気比湿などの物理パラメータの値を日平均、空間0.25度格子のデータセットとして提供します。
 

データセットの主要な特徴をこれまでのデータセットと比較する形で表に要約しておきます。
データセットについてのより詳しい情報については、本サイトのコンテンツ及び、公式ドキュメントのぺージにある「J-OFURO3データセット詳細ドキュメント」を参照ください。

表. 最新J-OFURO3を含むこれまでのJ-OFUROデータセットの概要

J-OFURO1J-OFURO2J-OFURO3
期間1992-19931988-20081988-2013
(現在は1996-2013を提供)
時間平均月平均日平均日平均
空間格子間隔1.0度1.0度*0.25度
海面水温Reynolds SSTMGDSSTアンサンブルメディアン
海上大気比湿Schlussel et al. 1995
SSMI
Schlussel et al. 1995
SSMIs
新アルゴリズム
SSMIs, SSMIS,
AMSR-E, TMI, AMSR2
海上風速SSMISSMIs,
AMSR-E, TMI
ERS-1/2, QuikSCAT
SSMIs, SSMISs,
AMSR-E, TMI, WindSat, AMSR2,
ERS-1/2, QuikSCAT,
ASCAT-A/B, OSCAT

* J-OFURO2の高解像度版は乱流フラックスについてのみ2002-2008年の期間で提供



Japanese Ocean Flux Data Sets with Use of Remote Sensing Observations (J-OFURO) は地球システムにおける海面フラックスについての研究ロジェクトです。我々は、複数の人工衛星観測データを用いることで、全球域での熱・運動量・淡水フラックスのデータセットを開発し提供しています。現在は、プロジェクトの第三世代目のデータセットとしてJ-OFURO3の研究開発を行い本ウェブサイトで公開しています。

J-OFURO3データセットは、主要な海面フラックスの数値データを提供しますが、海面フラックスを構成する物理変数のデータについても提供します(全ての提供変数のリストはこちら)。J-OFURO3では日平均値, 空間0.25度格子, 1988-2013年のデータセットの作成が計画されています。

プロジェクトとデータセットの最新情報や、より詳細なデータセットの情報、データのダウンロードリンクなどが本Webサイトに集約されています。


J-OFURO3 Net Het Flux (NHF, W/m^2)

データセットの例: J-OFURO3 Net Heat Flux (NHF) [W/m^2]. V1.0, 2002〜2013年の平均値, 上向き(海洋から大気への熱輸送)が正の値